住宅を考える際のポイント

老後の暮らしを想像してみよう

最初から備わっていた方が楽

新築を建てる際はまだ若いので、元気な身体をしていると思います。
ですがその状態は、高齢になったら続かないかもしれません。
足腰が弱って、普通の住宅では英活を送りにくくなってしまいます。
その時になってから、バリアフリー機能を追加すればいいと甘く考えないでください。
新築も建てて、さらに将来リフォームすることになると費用は倍になります。

早くからバリアフリー機能を備えておくことで、無駄な出費を抑えることができます。
また、リフォームを開始してもすぐに終わるわけではありません。
何日か待たなければいけないので、その間は不便な生活が続きます。
急に足腰が弱くなっても、最初からバリアフリー機能がついている住宅なら安心できます。

どんな機能がおすすめなのか

バリアフリー機能が必要だといっても、具体的に何を取り付ければいいのかわからない人が多いでしょう。
廊下に手すりがあると足腰が弱っている人でも、自分の足で歩くことができます。
身体が不自由な状態でも、できることは自分でしなければいけません。
自分で歩いて移動できれば、ポジティブな気持ちを維持することにも繋がります。

高齢者はお風呂場で急に倒れて、そのまま命を落とす事故が増えているので気をつけてください。
何があってもいいように、お風呂場に呼び出しボタンを備えるのがおすすめです。
倒れる前に呼び出しボタンを押せれば、家族がすぐに来てくれるので早く対応できます。
倒れても対応が早ければ、命を救えるので安心してください。

TOPへ戻る